呼吸法とストレッチで免疫力を強化しましょう!

大腿骨壊死のオペなんかしたくない 積極的保存療法 サイト運営者の実体験を元に作り上げたBMSトレーニングで骨密度を高め体全体を若返らせ超健康体を目指す支援サイトです

ダイエット効果を実感!Myダイエット法を整理しました。

ダイエット効果を実感!Myダイエット法を整理しました。

大切に育てて、開花させた胡蝶蘭も、親株が弱ってきたので、全て切花にして愛でています。

叔父貴作の壺で生きる胡蝶蘭

昨日はジムの休館日の為、恒例の花しょうぶで、お肌を磨いて、たっぷり水分を出し切ってきました。

今朝は自宅での朝の自重トレを予定通り実施。

今日はジムで何の筋トレをしようか?

今日は有酸素だけにしようか?

スミスマシンが空いていたら、体幹トレーニングをやってしまうかもしれない。


ダイエット効果が凄く実感できるようになたので、整理してみた。

各種サイト等で調べて、実施しているので、間違っていることもあるかもしれないが、自分の体形の変化を見て、大きくは違っていないと思うので、少しずつ体系化して行きます。

自分のダイエットとは?

  • ダイエットは脂肪を減らして痩せることが目的でない。
  • 脂肪が溜まり難くい体にして結果、太り難い体質にすることだ。
  • 太り難い体とは筋肉量の多い体である。

ダイエットを実践して成功する為には。

  • 筋トレ(全身)で筋肉を増やす事で、基礎代謝を高める。
    • 有酸素運動は、運動中のみ消費するが、基礎代謝は寝ている間も脂肪燃焼できる為、効率的である。
    • メインは筋トレで筋肉を増やし、補助運動で有酸素運動を行なうことが効果的。
  • 有酸素運動は、朝食前に行なうのが効果的。
    • 朝食前は、昨夜の睡眠中に脂肪がたっぷりと溶け出しているので、運動の最初から、脂肪がよく燃えています。
    • 燃焼の順番としてまず血液中の糖分、次に筋肉・肝臓のグリコーゲンと消費したあとに、肝心の体脂肪を燃焼し始める。続いて体内のタンパク質を消費するらしい!(グリコーゲンは炭水化物から作られる)
    • 有酸素運動は長時間行なうと、タンパク質(筋肉)を消費してしまう為、これでは本末転倒になってしまう。
    • 時間が許せば、①食事前に②30分程度③複数回できれば、一番効果的と思う。
    • 筋肉量の少ない人が有酸素運動を行なっても基礎代謝量が少ないので、消費カロリーも少ない。
  • 正しい食事の摂取
    • 朝はしっかりバランス良く摂り 昼は控え目 夜は炭水化物と脂質は控え目に。
    • 3食ともタンパク質や野菜は不足しないように摂る
    • 朝昼ご飯は茶碗半分、夜はご飯は摂らない。糖分は週一回。
    • 不足分はサプリメントで補充する
  • 筋トレで有効に筋肉を増やしたい。
    • 正しいフォームで行なう。正しい姿勢でないと、効果が少ないばかりでなく、怪我の原因となってしまう。
    • その為には、正しいフォームで出来る軽重量で行う。
    • 軽重量でスロートレーニングで行なうと、より効果的になる。
    • 大きな筋肉程、筋肉増量の効果が大きい。
  • お腹周りをすっきりさせたい。
    • 筋トレで腹筋を大きくする。
    • 基礎代謝、有酸素運動で脂肪を減らす(最後の砦)。
    • 力を緩めると、お腹がポッコリと出てしまいます。
      • これは腹横筋という内側にある筋肉を鍛えなければ解消しない
      • 腹横筋はインナーマッスルで通常の筋トレでは鍛えることが難しい。
      • インナーマッスルはドローインで鍛錬を行なう事で、内臓を引き締めポッコリお腹を引き締める。
    • 結果、腹筋が肥大して、脂肪が取れて、ポッコリが解消すると、シックスバックが実現する。



以上、現時点で自分自身が理解して実施しているダイエットです。

楽をしてダイエットは出来ません。

食事だけとかサプリメントだけとか、部分痩機器とかでは絶対駄目です。

自分はこうなりたいという目標をしかり持って、実践のみです。

自分の目標であるシックスバックですが、お腹は6個に分割し始めています。毎月11日にアップします。

  1. まず上段の2ブロックが分割。
  2. 次に縦に分割し始めています。
  3. そしてドローインの効果で、ポッコリしなくなってきています。
  4. あと少しで最後の砦ともいえる、お腹回りの脂肪が落ちて行くたびに割れた腹筋シックスバックが見えてきます。



有酸素運動とエネルギー消費

コメント



認証コード1253

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional