呼吸法とストレッチで免疫力を強化しましょう!

大腿骨壊死のオペなんかしたくない 積極的保存療法 サイト運営者の実体験を元に作り上げたBMSトレーニングで骨密度を高め体全体を若返らせ超健康体を目指す支援サイトです

ヨガ(ストレッチ)について

ヨガ

ヨガ(ストレッチ)について

姿勢1 合掌姿勢2 息を巣吸いながら両腕を上げ後ろにそる姿勢3 息を吐きながら姿勢4 息を吸いながらら姿勢5 息を吸って止めながら姿勢6 息を吐き姿勢7 息を吸い姿勢8 息を吐いて姿勢9 息を吸って姿勢10 息を吐き姿勢11 息を吸いながら姿勢12 息を吐き
管理人が朝のトレーニングの最後に行っている、スーリヤ・ナマスカーを始めたのは2010年の夏頃からだったと記憶しています。

股関節は潰れないまでも、定期的に痛みに襲われていました。そんな時、『ヨーガ大全』というインドのヨガの哲人が書かれ、日本語訳の少し読みにくい書物を少しずつ読む中で、今までの呼吸法等の基はヨガなんだということに気がつきました。

ただ日本人にはわかり難い表現方法のため書物から行い難かったようです。それでヨガ教室などに行くと痩せますをうたい文句の柔軟体操が主体でした。

自分の場合ヨガは、
①瞑想
②呼吸法
③柔軟体操と行っています。

今日は柔軟体操について少し書いてみます。

書物には

『姿勢のとりかたは12種類あって、それぞれ色んな靭帯を伸ばし、脊髄に各種運動をさせるのである。脊髄は深呼吸する時、前後に曲げられる。体が前屈すすると必ず、腹部と横隔膜の収縮によって息が吐き出される。後にそる時は、胸部が拡大し、深呼吸が自動的に起こる。こうして柔軟性は増し、呼吸が正される。さらに腕と脚を緩やかに鍛え、循環をよくするのである』

と書かれています。各種動作の中で一番しやすそうだったので、行いましたところ、以来、股関節痛は殆ど無くなり、腰痛などにはなったことがありません。

股関節症

ブログランキングに参加しています。 気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチを頂けると嬉しいです。


コメント



認証コード1923

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional